Webクリエイター科 ブログ 個別記事(Webデザイン 専門学校)

デザインで未来を創る。



蒲田 八王子 3年制 プロのWebデザイナーをめざす人の情報ブログ Webクリエイター科ブログ

オープンキャンパス+体験入学 多彩なデザインの仕事を体験しよう!

アプリ開発育成型ハッカソン【SPAJAM道場】に2年生が参加!

2018年04月25日 アプリ開発育成型ハッカソン【SPAJAM道場】に2年生が参加!


24時間でアプリを開発する育成型ハッカソンイベント”SPAJAM道場”
八王子校Webクリエイター科2年生が参加しました


RIMG0485



SPAJAM道場は、4月21日(土)、22日(日)の二日間にわたって闘いが繰り広げられました。



その様子をレポート…!


-------------------------------------------------------------
ハッカソンとは?
Hack + marason(hackathon)

エンジニアリングを表すhack
マラソンmarathonを組み合わせた用語。

プログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが
数時間から数日間の与えられた時間を徹して成果を競い合う開発イベントのこと! 
----------------------------------------------------------


9:30 目黒駅に到着。
会場となる株式会社アカツキへ向かいます。


RIMG0488



会場がステキすぎます…!


tweetする時は、ハッシュタグ ”#スパジャム道場”と共に「Akatsukiスゲー」とつぶやくようミッションがかせられました。笑


そんなミッションなくても本当にすばらしい環境でした。


RIMG0551



8Fからの眺望!



RIMG0578



カフェスペースがおしゃれ…!


なにより、靴をぬいであがるスペースなのでリラックス感が高まります。



さて、いよいよ開催です!


RIMG0488



SPAJAM道場は、SPAJAM(一般クリエイター、もちろんプロも含まれます、たちが参加するハッカソン)の学生向けイベントとして今年から開催されました。


いわば、記念すべき第一回!


聞くと、名古屋や仙台など遠方から来ている専門学校生や大学生、高校生など幅広い層の学生が参加しておりました。その数60余名。

また、スタッフで関わっていらっしゃる皆さんも大手有名IT企業でエンジニアやデザイナーをされている方が中心。

俄然、モチベーションも高まります!







さて、今回のイベントテーマは

「食事」でした。


RIMG0532


最初はアイデアソン。


食事にまつわる過去の記憶をたどりながら、ワークシートに書き込みます。
それを基に様々なひとたちとざっくばらんに話をしながらアイデアを出し合っていきます。
ハジメマシテの方ばかりですが、いたるところで笑い声が生まれていました。



RIMG0538


良いと思えるアイデアには☆をつけていきます。


Webクリエイター科の学生が、たくさん☆をつけられてみんなの前で発表をするという一幕もありました^^




午後から、いよいよハッカソン開始です!
RIMG0555

各出場チームにはメンターがつきます。
過去のハッカソンで優勝経験者たちです。
心強い!


まずは、話し合い。
役割分担や、スケジュールの決定など、制作に入る前に決めることはたくさんあります。

RIMG0542


そして、もくもく作業をはじめ、1日目は終わりました…。



2日目!いよいよプレゼン!


二日目午後、会場を訪れると既に修羅場を感じさせる雰囲気です。

RIMG0594


学生たちに話を聞くと、ネットカフェなどで徹夜で制作したチームもいたとか…。






機材チェックや、プレゼン方法の確認。



RIMG0588


最終確認に余念がありません。

いよいよプレゼンの時間が来ました!

RIMG0617



食事がテーマになっていますが、どのチームも個性的なアプリを開発しています!
もちろん24時間で制作していますので、作りこみまで至りませんが、どんなアプリかがわかるように実装までしています。


本当に様々なアプリが提案されました。
消費者と生産者を感謝でつなぐ、CtoC型のアプリや、
ゲテモノ食の情報発信アプリ。スマホをウェアラブル化したアプリなど、ユニークなものがたくさん発表されました。


RIMG0624

Webクリエイター科の学生が担当したデザインが、大好評!
司会の方にもお褒め頂きました


あっという間の二日間でした。

参加した学生からは、
「参加して本当によかった」
「技術力があがった」

など、充実した時間を物語るような感想が漏れ聞こえていました。

熱い闘いでしたね…!

参加の機会をいただけましたことを、ここに感謝申し上げます。
ありがとうございました!









n-70077798 at 19:50 | この記事のURL | |